<屋久杉樹齢千年の理由>

日本における杉の南限が屋久島です。
標高600m以上に自生、樹齢1000年以上の杉だけを「屋久杉」と言い、
1000年以下を小杉、植林の杉を地杉と区別されます。
一般に樹齢が300年ほどと言われている杉が、2000年〜3000年もの長寿の杉になるのは、
年間4,000mmから10,000mmもの多雨に恵まれている屋久島の特殊な自然環境と、
花崗岩からなる地形が起因します。花崗岩を土台とし、成長する屋久杉は栄養分が少なく、
他の地域に比べ遅い。すると、年輪の幅が緻密になり材は硬くなり、
樹脂道に普通の杉の約6倍ともいわれる樹脂がたまり、この樹脂には防腐・抗菌・防虫効果が
あるため、屋久杉は長い年月の間不朽せず、生き続けているのです。

江戸時代に、真っすぐな杉を選んで抜き切りしていました。
伐採跡の明るい場所に次の世代がたくさん育ちました。切り株更新という現象です。
樹齢数百年の「小杉」の多くはこうして誕生したものです。
豊富な日照を得て成長が早いのが特徴で、のびやかな スギらしい姿をしています。
これに対して高齢な「屋久杉」は、伐採跡に育った「小杉」に比べて光に恵まれず、
成長が遅く木目が詰まっています。「屋久杉」の多くは凹凸が激しく利用しにくく、
切り残されたものです。現在見ることができる屋久杉は、
伐採と利用に不適されたことにより誕生した巨木なのです。

<屋久杉の伐採禁止>

屋久杉の伐採は、豊臣秀吉が島津義久に命じたのが最初と言われています。
その用途は大坂城、聚楽第の建造など諸説あります。
屋久杉はかつて「神木」とされ、島民により伐採されることはありませんでした。
しかし江戸時代に入り、屋久島出身で薩摩藩に仕えていた儒学者の泊如竹が
屋久島の島民の貧困を目にして屋久杉の伐採を島民に勧めたのをきっかけに、
1640年頃から本格的な伐採が始まりました。
島民は薩摩藩に年貢代わりに、平木と呼ばれる幅10cm程度の屋久杉の木材を納めました。
明治時代、1873年の地租改正で島の90%以上が国有地とされ、島民による勝手な伐採が
制限されました。このとき、生活の糧を奪われた島民が裁判を起こしています。
裁判は島民の敗訴に終りますが、島を保護地区と伐採地区に分離され、営林署ができました。
太平洋戦争後の高度成長期には大規模な伐採が続き、伐採地区の杉は殆ど無くなってしまいまし た 。 1970年以降、屋久杉の伐採は禁止されています。

伐採禁止以降は、残った大量の切り株 ・倒木・土埋木などが工芸品に利用されています。
近年は、この土埋木・倒木の埋蔵量も減少しており、希少価値の高い銘木されています。